PMS症状チェックでひどいイライラ吐き気の対策方法

運営者情報
PMS(月経前症候群)は、男性にはわからない症状。みんなで悩みを共有しましょう。PMSの症状をみんなでやわらげ、快適な生活を過ごしましょう。
PMS 症状トップ
PMS症状チェックでひどいイライラ吐き気の対策方法:新着情報
  • ピルなど薬がだんだん効かなくなる?PMSの症状対策
  • PMSの症状と運動の関係 PMSの症状改善の方法1
  • なぜ吐き気?PMSの症状で吐き気が起こる原因
  • PMS症状の人が食事で気を付けることは?PMS症状の食事対策
  • PMSの症状でチェックすることは?

ピルなど薬がだんだん効かなくなる?PMSの症状対策

薬の効果に関してですが、
PMS症状のため、1年ほど前からピルを服用している場合
服用し始めてから、症状は驚くほどに改善し、
生理も楽になるようです。

使い続けていると、
PMSの症状の生理も少し戻りつつあるというか…
服用前よりは効果はあるのですが、
以前と比べると効果が弱くなったように感じることが
多いようです。

こういう場合、
PMSの症状は身体的なものであるなら種類の変更してみてもいいかと
精神的なものが続くようだったら、
心療内科などを他の科を受診されていいかもしれません。
(この場合は、病院で、心療内科をすすめることも増えているそうです)

現在保険適用の薬か?確かめるのが必要です。
適用外のピルになる場合は費用面なども相談されてみた方がいいでしょう。

人間の身体は薬に対して、対応していくようです。
1つが副作用というやつですが、効きづらくなるのもそれですね。

ピルなどに頼るのではなく、
薬で身体を楽にしながら、自分の身体を変えていくのが一番です。

体質改善や漢方など使う方はそれみたいです。

こちらだとサプリメントだから安心
  ↓  ↓  ↓  ↓
click











私にはあってました。こちらのサプリメント


PMSの症状と運動の関係 PMSの症状改善の方法1

PMSの症状の軽減には適度な運動が効果的

ストレスと月経の相互作用のお話をしましたが、
適度な運動は副交換神経を活発にします。
そのことで自律神経を整え、ストレスの軽減にも役立つのです。

ストレスがたまった時に軽い運動はすっきりしますよね。
PMSの症状の緩和にも軽い有酸素運動は非常に効果があります。

PMSの身体への影響は体内の水分の蓄積による影響が大きいといわれています。
腰痛や乳房の張り等PMSのむくみは
その水分の蓄積よるところが多く、有酸素運動を行うことに軽減できるのです。
血液の循環がよくなってむくみも改善もみられますし、
運動により背中や腹部の筋肉がつけば
PMSだけでなく、腰痛や腹痛の予防にも効果があります。
規則正しい運動は腸のぜんどう運動をほどこし便秘にも効果があります。
また最も良いことは、適度な運動による疲労感は寝つきを良くして深い眠りを提供してくれます。

PMSの症状改善には、運動はもってこいなのです。
私にはあってました。こちらのサプリメント


なぜ吐き気?PMSの症状で吐き気が起こる原因

こんな症状が多いようです。

生理前10日前から吐き気の症状など
生理は血液量の多い月は生理痛が重く、体もだるく、普通量だと、生理痛なし、
毎月生理4、5日目になって立てないくらいの吐き気が起き、
内科などで精神安定剤をもらってねむっている状態です。


生理が終わると安定します。
PMSの原因は女性ホルモンと関係している状態。
特に吐き気の場合は、ホルモンの減少が作用しているようです。

卵胞ホルモンというエストロゲンが多すぎるとどうなるかといえば、
むくみが出ると言われています。

むくみは普通一般にいわれる手や足だけとは限りません。
腸の血管のむくみは、腹痛やお腹の張り、吐き気につながっているのです。

PMSの方が吐き気を伴うのはこのせいなのです。

 

また、脳の血管のむくみは頭痛となり、
耳の奥のむくみはめまいとなります。
筋肉や関節に水がたまれば、
腰痛やふしぶしの痛みにつながるようです。

これもホルモンバランスの変化が作用です。

ストレスや食生活で改善ができますのでこれを
気を付けるのが一番の改善策

長期にかかるかもしれませんが重要です。

 
こちらだとサプリメントだから安心
  ↓  ↓  ↓  
click











私にはあってました。こちらのサプリメント

PMS症状の人が食事で気を付けることは?PMS症状の食事対策

PMS 食事


PMSを改善する食事生活習慣をこころがけましょう。

PMS(月経前症候群)の症状は、
ライフスタイルも深くかかわっています。
イライラなど感じて
不調の時期には、小さな心がけの積み重ねが大切です。
自分自身の身体からのメッセージを聞いて、
あなたが持っている治癒力を引き出していきましょう。

そのためには、食事は大事
ダイエット等悩みも抱えますが、
それよりもPMSの食事改善を

食事をとることで身体の内側から変えていきましょう。


まず、朝食を抜かない
朝の食事を抜くとPMS特有のイライラしたり、眠気を感じたり症状が悪化します。
1日3食、バランスの良い食事をこころがけるのが基本です。
忙しいときは、軽く取れる軽食を用意しておくといいでしょう。

その時に、パンなどより玄米を主食にすることをおすすめします。
ビタミンとミネラルを豊富に含む「玄米」。 
食物繊維は白米の6倍です。便秘解消のほかにも、
体内の余分なコレステロールや糖分を排出する手助けをしてくれます。

また、ビタミン、ミネラルを補給しましょう
PMSの症状の緩和にはビタミン、ミネラルの摂取が効果的です。
普段から十分な栄養が食事から取れていないと感じる人は
ビタミンB6、ビタミンE、マグネシウム、カルシウムなどを
サプリメントやドリンクで補給することもおすすめです。

これは重要です。
甘いものを控える
PMS特有のイライラするとチョコレートやケーキ、お菓子などを食べたくなりがち。 
脳に栄養がいってないと思って、甘いものにはしってしまいますよね?
それはPMSには間違った食事ですよ。
砂糖を使った甘いものは急激に血糖値を上下させるので、
ビタミン、ミネラルを消耗し、イライラの原因に。

 PMS 食事

checkyoko

















こちらだとサプリメントだから安心
  ↓  ↓  ↓  ↓
click

pmsarco
























私にはあってました。こちらのサプリメント

PMSの症状でチェックすることは?

PMS 症状
と言えば何でも許されるのか

男性からそういわれたことはありませんか?

普段は温厚でいられるのに
特定の時期になるととにかく
何らかの自分が不機嫌になる。

単に文句をつけて
ストレスを発散させたいわけではないのに・・・

自分なりに調べ、
できるだけ理解しているつもり

何か言われても仕方ないと

思いつつ優しく接しようと努力しているのに・・・

これで破局になったら
後悔してしまうでしょう。

PMS(月経前症候群)で悩んでいる方の本音
なぜ自分でコントロールできないの




そうです。

人に聞けず、

男性には非常にわかりにくい病気です。




特に、

月経のない男性にしてみれば、

PMS(月経前症候群)を理解することは非常に難しく

普段はおとなしい女性が、

ある日突然豹変する姿を見て、

「情緒不安定」

「わがまま気ままな性格」

としてわからず、
単なる性格的なものとして認知してしまう
男性も多いはず

海外では、
30年以上も前から研究が進められており、
専門的な治療や改善方法などを相談できる
医師、病院、PMSセンターなどが存在します

日本はどうでしょうか?

残念ながら、日本国内でPMS(月経前症候群)という言葉が
一般にもテレビでも知られるようになったのは、
ここ数年のことであり、外国の認知度と比べて、
社会的認知度は低いといえるでしょう。 

そのため、
症状を自覚していながら、
それがPMS(月経前症候群)のせいだと気付かず、
独り悩む女性も少なくはありませんし、 

また、

周囲の方も、そのような女性を前にし、
当惑することもあるでしょう。 

そもそも
PMS(月経前症候群)どんな症状なのでしょうか?
月経前になると、

「イライラが強くなる」

「気分が落ち込んでしまう」

「身体の具合が悪い」

というような症状は、
女性の約8割(80%)が経験していると
いわれています。

このような、
排卵から月経開始までの時期に現れる
身体的・精神的不快な症状を総じて、
月経前症候群(PMS)といいます。 

月経前症候群は、人によってさまざまなようです。

たとえば、

「胸が張ってくる」

「おなかの下の方(下腹部)に痛みを感じる」

といったからだに直接くる身体的なもの、 

あるいは、
「すぐに怒ってしまう」

「理由もなくかなしくなり泣いてしまう」
というような精神的なものなど、

この他にも例をあげればキリがないほど
症状があるようです。


月経前症候群は、
排卵のある女性であれば、
誰にでも起こり得る症状
妊娠可能であればおこうる症状なのです。
これだけはいえます。

決して、特別なものではありません。

むしろ、
女性として健康である証ではないでしょうか?

あくまでもわたしの考えですが

しかしながら、
月経前症候群は、
月経の周期ごとに反復して現れるのですから、
非常にわずらわしいもの

また、症状の度合いもひとそれぞれ

個人差が激しく、症状があられても、
それほど気にならない人もいれば、 
逆に日常生活でさえも
困難になってしまう人もいます。

このようにものすごく
重度の症状があらわれる月経前症候群を
月経前不機嫌性障害といいます。

PMS(月経前症候群)の症状を訴える女性のうち、約5%の方は、
適切な治療が必要であるとされるほどです。 


こちらだとサプリメントだから安心
  ↓  ↓  ↓  ↓
click
pmsarco



































私にはあってました。こちらのサプリメント


PMS 症状